水泳ダイエットを1ヶ月やってみた結果!

水泳ダイエットをやってみたのですが、実際に変わったことなど報告しようと思います!
水泳ダイエットを始めるきっかけは、近くにジムがオープンして安くで利用できたからです。
期間は1ヶ月で体重は70kgです。
普段は何もしていない状況で食事制限もしていませんでした。
水曜、土曜、日曜の週3日で1ヶ月通いました
結果は70kgから67kgで-3kgの減量に成功しました。
どのように痩せたのか詳しく確認していきましょう。

どのように取り組んだのか?

泳ぎ方はクロールのみです。
最初は水泳のしんどさなど何も知らなかったので、限界まで追い込んでやると思っていました。
しかし1日目で水泳のしんどさを経験して、無理をしていては続かないと思いました。

初日はクロールのみをギリギリ1時間泳ぎ続けました。
連続ではなく、疲れたら3分ぐらいプールに入ったまま息を整えて、また泳ぎだすのを繰り返しました。
距離を意識するのではなく、時間を意識して取り組みました。
その日の体調もあるので、距離を目標にしているとものすごい時間が掛かる日もあるからです。
これは水泳だけではなく、ランニングなどにも言えることだと考えています。
とにかく続けることが大切だからです。
残業はしないみたいな感じですかね!
残業ばかりだと辛くてやめたくなりますよね。。。
ダイエットでもホワイト企業みたいな環境を作ることが大切です。
初日は-1kgでしたが、運動した直後だったのですぐに体重は戻るだろうなと思いました。

2日目以降

初日に気合を入れすぎたのもあるし、水泳の運動効果もあり全身筋肉痛になりました。
筋肉痛になることはよくて、普段使わない筋肉を使って筋肉がついてくるからです。
ランニングより水泳のほうが効果はあるなと感じました。
水泳をできる環境があれば続けた方がいいですね。

土曜日まで日程が空くので、次はどのように泳ぐか考えていました。
水泳2回目以降は、最初からゆっくりしたスピードでなるべく止まらないことを意識しました。
それでも1時間泳ぎ続けるのは辛く、息継ぎをするのを必死にしていました。
最初の1週間は水泳に慣れることが大変という印象でした。

2週間目以降は水泳にも慣れて、筋肉痛にはなりますが初日ぐらいに辛くはないです。
筋肉がついた証拠です!
水泳に慣れたことで余裕が生まれ、水の中が気持ちいいと感じたり、少し水が冷たいなと感じました。
泳いでるときに体調が悪くなったら無理をせずに休憩することは大切です。
取り組む人は自分のペースをやりながら、調整してくださいね。
ランニングをしていると、膝に負担が掛かり痛めたり、足の裏が痛いと感じることがあります。
しかし水泳を1ヶ月続けても、筋肉痛以外で痛いと感じることがなかったので、関節の負担が少ないと思いました。

僕がやってみて感じたこと

まずは取り組めば個人差はありますが1ヶ月で-3kg減ったことが嬉しかったです。
しかも食事制限なしで、意識して動くこともしませんでした。
もっと痩せたいなら食事制限をすればいけると感じました。
見た目も引き締まったと自分で鏡を見て実感できました。

手軽に取り組めないのがデメリットですね。
今回は近くにジムが出来て、値段が安かったから取り組んだだけで、ジムの契約をしたいとは思わなかったです。
ランニングなら外に出てすぐに取り組めますが、ジムに行くまでが面倒だと感じたことも何度もありました。
そして全身濡れるので、ジムでお風呂に入り、髪を乾かす作業が必要です。
家を出て帰ってくるまで2時間は最低でも必要です。
これを面倒だと感じ始めると続きません。

水着を履くことに抵抗はありました。
だらしない体を人前で見せたくありません。
しかし周りの人も同じような体型だし、水中だとそこまで体型が見えません。
人も多すぎて泳げないということもならないぐらいの人数です。
それとゴーグルと水泳帽で誰だかわかりません。

最初の1週間が筋肉痛や、水泳に慣れていないこともあり辛いと思いましたが、それ以降は時間が過ぎるのが早く感じました
水にプカプカ浮いていると感じながら泳ぐと、落ち着いて気持ちがいいです。

僕が水泳ダイエットを好んで取り組むことはないと思いますが、関節が痛くて運動できない人にはおすすめです。
短期間だけでもプールに通い、体重が落ちた後ランニングに切り替えるのもありです。
水泳ダイエットを1ヶ月でも続ければ痩せることは今回取り組んでみてわかりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です