自転車ダイエットやってみた効果は?

自転車ダイエットは有酸素運動で最初は通勤の手段としてママチャリに乗ることから始めました。
毎朝職場まで10分掛けて行き、そこから車に乗り換えます。
あとはランニングに飽きてきたりしたときに取り組みました。
自転車を漕いだからといって、体重が落ちることはありませんでしたが、食事制限はなしでも体重は変動なしです。

通勤時に自転車を使った感想

自転車で通勤することで嫌でも運動をすることになるので、習慣にはなりやすいです。
今までバイクでしたが、ガソリン代も節約できるしいいと思います。
夏は暑い、冬は寒い、雨はだるいと年中ネガティブなことはありますが、バイクでも歩きでも同じです。
でも続けれる理由は仕事があるからです。
この理由を利用すれば強制的に継続できます。

通勤のときに使うだけで体重が減ることはないと思います。
減ってもダイエットを始めたばかりの人ぐらいでしょう。
ダイエットの意識を強くして、普段の生活を改善するきっかけ作りですね。

ランニングの代わりに自転車

ランニングだと毎回同じコースを走りがちになるので、飽きてしまうことがあります。
走り続けれる距離も限界があります。
自転車だとランニングで行けない場所まで行けるのが魅力です。

自転車はランニングより疲れないので、1時間漕ぐのは簡単にできるようになります。
家の近場に行ったことがないけど、行ってみたい場所に行ってみたり、普段の買い物を遠くのスーパーに行ってみたりできます。
実際に乗ってみて楽しいと感じました。

ランニングみたいに息切れしないので余裕がありますが、漕ぎすぎると膝が痛くなります。
漕いでいるときはあまり感じませんが、降りたときや次の日も少し違和感を感じる程度です。
なので最初は時間を決めていました。
30分タイマーをセットして、鳴ったら家まで折り返す感じです。
頻度は月に1回か2回程度で、ランニングに飽きたらやります。

自転車にハマってしまった

今まで自転車はママチャリで、なにもこだわりがなく乗れればいいと思っていました。
パンクしたのでクロスバイクに変えたことがハマったきっかけです。
自分が気に入った自転車を選んで買ったので、お気に入りになり乗りたいと思うようになりました。
クロスバイクは楽でママチャリより速いし、遠くまで行けるので飽きがこないです。
川沿いをひたすら走るのは気持ちがいいし、近場の観光スポットまで行くのも楽しいです。

クロスバイクに乗ってから2~3時間は漕いでいるので、休日だけしか時間が取れなくなりました。
平日はランニング、休日はサイクリングといった日程になりました。
折りたたみ自転車にも乗っていましたが、進む距離が少なく遠くまで行けないので通勤のときだけ乗ったりしています。

自転車ダイエットをやってみて思ったこと

まずは通勤から自転車に乗る回数を増やしたり、少し遠くに買い物を行くときでも自転車を使うことから始めると習慣になりやすいと思います。
自転車が壊れたり買い換えようと思ったタイミングで、クロスバイクなどの速い自転車も検討してみてください。
僕の中ではクロスバイクが趣味に変わりました。

自転車に乗るときは車道を走るにしても、歩道を走るにしてもまだまだ整備されていません。
なので危険がいっぱいありますので、注意して乗ってください。
音楽を聞くためにイヤホンをするのもやめましょう
最近は自転車もブームなので、自転車専用の道が近場にあるかもしれないので探してみましょう。

体重は食事制限なしでは落ちませんでした。
坂道などで踏ん張って漕いだり、クロスバイクだとギアを重くしてしまうと、足が太くなってしまうことがあります。
軽い負荷で長時間漕ぎ続けるのが、ダイエットには理想です。
何がきっかけでダイエットのつもりが趣味になるかわからないので、できると思ったら取り組んみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です